産経WEST

【銀幕裏の声】呉軍港空襲の生還者(上)“日本海軍の最後”を見た元海軍兵の証言 アニメ「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
呉軍港空襲の生還者(上)“日本海軍の最後”を見た元海軍兵の証言 アニメ「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは

呉軍港空襲で大破し、横倒しになった空母「天城」 呉軍港空襲で大破し、横倒しになった空母「天城」

 第二次世界大戦末期、広島県呉市の呉軍港は米軍による大空襲に見舞われた。昨年公開され、ロングランヒット中のアニメ映画「この世界の片隅に」ではこの呉軍港空襲が克明に描かれる。「戦艦『伊勢』や空母『天城』などが次々と目の前で撃沈していきました…」。元海軍の山本重光さん(92)は当時、通信兵として空母「鳳翔(ほうしょう)」に乗艦。停泊中の軍艦がほぼ壊滅する中、鳳翔が奇跡的に空襲を免れた理由を山本さんは「江田島の住民が迷彩シートなどで擬装してくれたおかげです」と語った。擬装とは軍艦を島のように見せかけ敵機の目を欺くこと。山本さんは一命を取り留めたが、目撃した光景は「空一面が炎と煙で覆われた地獄絵図だった」と振り返る。92歳にして初めて取材で語る証言はあまりにも衝撃的な内容だった。(戸津井康之)

呉軍港の惨劇

 米軍は昭和20(1945)年3月から7月にかけて、執拗(しつよう)に呉市と呉軍港への空襲を繰り返した。

 そこには、日本海軍の旗艦、戦艦「大和」を建造したことでも知られる呉海軍工廠があった。

 「この世界の片隅に」では、連日昼夜なく米軍機による激しい空襲が続き、そのたびに防空壕(ぼうくうごう)へ逃げ込む呉市民の姿が克明に描かれている。

 7月に入ると、米軍の空襲はいっそう苛烈さを増し、同28日、遂に呉軍港は日本海軍の母港としての機能を完全に失う。

 「私は7月28日の空襲を今も鮮明に覚えています。それは、まるで地獄絵図のような光景でした…」

 山本さんは、画用紙に水彩絵の具で描かれた一枚の絵を広げながら、当時の様子を語り始めた。

世界が恐れた空母“地獄の「鳳翔」”

このニュースの写真

  • 呉軍港空襲の生還者(上)“日本海軍の最後”を見た元海軍兵の証言 アニメ「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは
  • 呉軍港空襲の生還者(上)“日本海軍の最後”を見た元海軍兵の証言 アニメ「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは
  • 呉軍港空襲の生還者(上)“日本海軍の最後”を見た元海軍兵の証言 アニメ「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは
  • 呉軍港空襲の生還者(上)“日本海軍の最後”を見た元海軍兵の証言 アニメ「この世界の片隅に」で描かれた地獄絵図とは

関連トピックス

「産経WEST」のランキング