産経WEST

ぽっちゃりで気付かず「予期せぬ出産」 三重・伊賀に引っ越してきたポニー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ぽっちゃりで気付かず「予期せぬ出産」 三重・伊賀に引っ越してきたポニー

「いろは」と命名されたポニーの赤ちゃん(中央)と母親の「ホップ」=三重県伊賀市 「いろは」と命名されたポニーの赤ちゃん(中央)と母親の「ホップ」=三重県伊賀市

 伊賀の里モクモク手づくりファーム(三重県伊賀市西湯舟)に4カ月前にやってきたポニーの「ホップ」が16日に赤ちゃんを産み、24日に一般公開が始まった。飼育員によると、おなかに赤ちゃんがいることに誰も気づかず、「予期せぬ出産」に驚いたという。急遽(きゅうきょ)、名前を募集して「いろは」と命名された。

 母親のホップは5月末、長野県の牧場から同ファーム内の「のんびり学習牧場」にやってきた。その半年前に妊娠したとみられるが、元の牧場の飼育員も気づいていなかった。

 乗馬などが楽しめる学習牧場に仲間入りしてからも、「どのポニーもおなかがぽっこりしており、『ちょっとおなかが大きい子』ぐらいにしか思っていなかった」と飼育員。台風18号が近づいていた16日にメスの赤ちゃんを出産し、「緊急企画」と銘打って同ファームのインターネットサイトで名前を募集した。

 「いろは」は、誕生日にちなんだ「い(1)ろ(6)」に、母親の「ホップ」が植物名であることにちなんで「は(葉)」を合わせた名前という。

続きを読む

「産経WEST」のランキング