産経WEST

【世界ミニナビ】中国で韓国人狙った犯罪急増、THAAD余波か…中韓メディアの中傷合戦も過熱

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
中国で韓国人狙った犯罪急増、THAAD余波か…中韓メディアの中傷合戦も過熱

7日、韓国南部、星州の配備予定地に搬入されたTHAADのミサイル発射台。中韓メディアの中傷合戦のきっかけになった(聯合=共同) 7日、韓国南部、星州の配備予定地に搬入されたTHAADのミサイル発射台。中韓メディアの中傷合戦のきっかけになった(聯合=共同)

 北朝鮮の弾道ミサイルに対処する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反発する中国で反韓感情が高まり、韓国人を狙った犯罪が急増しているという。駐中国の韓国大使館は今月、中国国内の韓国人に対して身の安全に注意するよう呼びかけた。経済的な報復も深刻になっているほか、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は7日付の社説で「韓国の保守主義者はキムチを食べて間抜けになったのか」などと子供じみた揶揄(やゆ)を掲載。これに韓国メディアが猛反発し、双方の中傷合戦にも発展している。

韓国人への犯罪が急増

 聯合ニュース(日本語電子版)によると、中国国内での韓国人の犯罪被害の急増は、国会外交統一委員会所属の与党議員が外交部から提出を受けた資料「在外国民の事件・事故被害の現況」で判明。昨年は1332件で、2015年の675件からほぼ2倍になっていた。

 13年は598件、14年が574件と毎年500~600件だった犯罪が急増しているのが分かる。昨年7月に韓国がTHAAD配備を決定し、中国は搭載レーダーで自国が監視されるとして猛反発。経済的な報復とともに反韓感情も高まったとみられる。

 中央日報(同)によると昨年の犯罪被害を類型別にみると、窃盗が15年の203件から657件と3倍以上に増え、暴行傷害も15年の80件から106件に増えている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国で韓国人狙った犯罪急増、THAAD余波か…中韓メディアの中傷合戦も過熱

関連ニュース

「産経WEST」のランキング