産経WEST

日本最古の仏像・飛鳥大仏の本来の姿を切り絵で再現 奈良・飛鳥寺

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


日本最古の仏像・飛鳥大仏の本来の姿を切り絵で再現 奈良・飛鳥寺

飛鳥大仏と切り絵のコラボ=飛鳥寺 飛鳥大仏と切り絵のコラボ=飛鳥寺

 奈良県明日香村の飛鳥寺で23、24日、日本最古の仏像・飛鳥大仏の周囲に切り絵を配し、ライトアップする「蓮華蔵世界」が開かれる。飛鳥大仏の光背(こうはい)や脇侍(わきじ)は失われているが、それを切り絵で再現。初めての大仏と切り絵のコラボを楽しめる。

 合成紙でつくられた2つ脇侍の切り絵(長さ3・5メートル、幅90センチ)は繊細な大作で、その上には飛天の切り絵も。制作者は飛鳥アートヴィレッジに参加した京都市在住の切り絵作家、望月めぐみさん(39)。

 プロジェクターで投影される光背の切り絵を含めて制作には約1カ月かかったという。

 飛鳥の秋を光で彩る「飛鳥光の回廊」の一環。見学無料。時間は午後6~9時。望月さんは「幻想的な世界を楽しめると思います。多くの人に見ていただければ」と話している。

「産経WEST」のランキング