産経WEST

【インフラ再考】災害対策の最前線(3)迫る南海トラフの脅威、避難徹底で「死者ゼロ」目指す

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【インフラ再考】
災害対策の最前線(3)迫る南海トラフの脅威、避難徹底で「死者ゼロ」目指す

大阪市内は海抜が低い地域にも人口が集中しており、南海トラフ巨大地震で堤防が決壊すれば甚大な被害が出かねない=同市西淀川区(前川純一郎撮影) 大阪市内は海抜が低い地域にも人口が集中しており、南海トラフ巨大地震で堤防が決壊すれば甚大な被害が出かねない=同市西淀川区(前川純一郎撮影)

前のニュース

 台風5号が高知・足摺(あしずり)岬をかすめ、近畿地方に向かって海上を進んでいた。8月7日午前4時55分。大阪市内には大雨・洪水・高潮注意報が発令された。市内の水門や防潮扉などの防災インフラを閉鎖する際の司令塔となる大阪府西大阪治水事務所(同市西区)の監視操作室に約50人が駆けつけてきた。職員のほぼ全員。いやがうえにも室内は緊迫した空気に包まれた。

 大阪市内には約108万人の人口と資産が海抜ゼロメートル地帯に集中しており、いったん高潮や洪水が発生すれば壊滅的な被害を受けかねない。実際、昭和25年9月のジェーン台風により、高潮による浸水被害などで死者・行方不明者は500人以上に上った。

 こうした被害を受け、府内には水門や防潮扉など計600基を超える防災インフラが整備されている。注意報・警報の各レベルで閉鎖するものがそれぞれ決まっており、今回もその一部を閉鎖。台風5号が大阪に最接近するタイミングは、折悪く大潮の満潮時間帯と重なっており、高潮被害も現実味を帯びていた。

続きを読む

インフラ再考のニュース

このニュースの写真

  • 【インフラ再考】迫りくる崩壊(1)老朽化「いずれ橋は落ちる」20年後、7割が建設50年超

関連トピックス

「産経WEST」のランキング