産経WEST

神戸・長田で発砲、男性死亡 抗争事件で捜査 任侠山口組代表狙ったか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸・長田で発砲、男性死亡 抗争事件で捜査 任侠山口組代表狙ったか

発砲事件の現場付近を調べる兵庫県警の捜査員ら=12日午前、神戸市長田区五番町 発砲事件の現場付近を調べる兵庫県警の捜査員ら=12日午前、神戸市長田区五番町

 12日午前10時5分ごろ、神戸市長田区五番町の路上で、「発砲音がして男性が倒れている」と110番があった。男性は頭を撃たれるなどして病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。兵庫県警によると、死亡したのは住所、職業不詳の楠本勇浩(ゆうひろ)さん(44)。楠本さんは指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠(にんきょう)山口組」の関係者で、織田絆誠(よしのり)代表(50)の警護役とみられる。

 兵庫県警は同日、神戸山口組と任侠山口組の抗争事件とみて、長田署に約90人態勢の捜査本部を設置。殺人容疑で、銃を持ったまま現場から逃げた複数の男の行方を追っている。一方、警察庁は対立抗争や内部対立が激化する恐れがあるとして、全国の警察本部に取り締まりや警戒強化を指示した。

 捜査本部によると、現場の約100メートル北にある織田代表の自宅を出発した3台の車が幹線道路に出る直前、黒色の車が近づいてきて衝突。楠本さんは黒色の車に乗っていた男ともみ合いになった末、銃撃された。楠本さんは3台のうち前から2台目の車に乗っていたという。車列の先頭は普段から織田代表が乗っていた白のワゴン車だったといい、県警は犯人グループが織田代表を狙った可能性があるとみて乗車状況を調べている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 神戸・長田で発砲、男性死亡 抗争事件で捜査 任侠山口組代表狙ったか
  • 神戸・長田で発砲、男性死亡 抗争事件で捜査 任侠山口組代表狙ったか
  • 神戸・長田で発砲、男性死亡 抗争事件で捜査 任侠山口組代表狙ったか

関連トピックス

「産経WEST」のランキング