産経WEST

多田、自己ベスト10秒07 でも桐生に敗れ「めちゃくちゃ悔しい。うれしくないベスト」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


多田、自己ベスト10秒07 でも桐生に敗れ「めちゃくちゃ悔しい。うれしくないベスト」

10秒07で2位の多田修平(右)。左は9秒98の日本新記録を樹立した桐生祥秀=福井県営陸上競技場 10秒07で2位の多田修平(右)。左は9秒98の日本新記録を樹立した桐生祥秀=福井県営陸上競技場

 自己ベストを出した喜びはほとんどなかった。何度も唇をかみしめ、脚をたたいた。男子100メートルの多田は、6月にマークした10秒08を上回る10秒07。だが日本人初の快挙を達成した桐生に敗れ「目の前で9秒台を出されてめちゃくちゃ悔しい。うれしくないベスト」と率直に言った。

 スタートが決まらず、得意の前半で思ったほどのリードを奪えなかったという。さらに力みが出て伸びを欠き「弱点である後半で一気に抜かれた。そこが反省点」と肩を落とした。

 ただ、8月に出場した世界選手権やユニバーシアードの疲労が残る中での好記録。「9秒台も近づいてきている。もうちょっと筋力アップをして、後半も軽やかな走りをしたい。桐生選手を超えていきたい」と前を向いた。

「産経WEST」のランキング