産経WEST

大阪市残し24区→8区 「総合区」11月から住民説明会

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


大阪市残し24区→8区 「総合区」11月から住民説明会

 大阪市は、市を存続したまま現行24行政区を8区に再編し、住民に身近な事務や権限を移管する「総合区」制度の素案に関する住民説明会を11月から12月にかけて実施する。11月上旬から12月末にかけての土日や平日夜を利用し、全24区で1回ずつ、区民センターなどで開く予定だ。

 総合区の詳細な制度設計を定めた素案は8月に公表されており、市は今年度中に最終案をまとめる方針。吉村洋文市長は6日の市議会特別委員会で、「説明会は素案や総合区制度への理解を深めてもらうという意味で重要と考えている」と答弁した。

 市は昨年8月~今年1月、市を廃止して複数の特別区に分割する特別区(大阪都構想)と総合区制度についての意見募集・説明会を全区で開催。延べ2600人が参加した。

「産経WEST」のランキング