産経WEST

“SPEED辞職”の橋本元神戸市議、政活費不正「全て認める」…地検に出頭 所属会派団長が明らかに

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


“SPEED辞職”の橋本元神戸市議、政活費不正「全て認める」…地検に出頭 所属会派団長が明らかに

“SPEED辞職”した神戸市議会の橋本健市議(小松大騎撮影) “SPEED辞職”した神戸市議会の橋本健市議(小松大騎撮影)

 市政報告ビラの架空発注で政務活動費(政活費)を受け取った疑惑で、8月に神戸市議を辞職した橋本健氏(37)が、所属していた自民党市議団などの調査に対し、不正に政活費計約715万円を受け取っていたことを認めた。政活費の不正を「全て認める」と回答し、9月中に返還する意向を示したという。

 同市議団の安達和彦団長らが6日、記者会見で調査結果を明らかにした。安達団長は、橋本氏が同日、神戸地検に出頭したことも明らかにした。

「東京への交通費、宿泊費などに充てた」

 安達団長らによると、橋本氏は22~26年度に計8回、神戸市内の業者が市政報告ビラをデザインしたことにして、1回あたり10万円で計80万円を謝礼として業者に渡したと説明した。一方、兵庫県宍粟(しそう)市内の業者に対し、実際には1回あたり10万~20万円を支払ってビラ5千~1万部の印刷を発注したが、5万~8万部を印刷したとする金額が記された領収書を提出。政活費計約715万円を不正に受け取り、2業者に支払った金額の差額をだまし取ったことを認めたという。橋本氏の政活費の不正受領額は当初700万円とみられていたが、市議団などが行った調査で約715万円と判明したとしている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング