産経WEST

【防災最前線・動画】日本に1台しかない「レッドサラマンダー」のすべて 九州豪雨で初出動 過酷な現場で真価、土砂・瓦礫乗り越え被災者救助

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【防災最前線・動画】
日本に1台しかない「レッドサラマンダー」のすべて 九州豪雨で初出動 過酷な現場で真価、土砂・瓦礫乗り越え被災者救助

九州豪雨災害を受け、7月7日に被災地で活動するレッドサラマンダー。消防車では越えられない土砂を軽々と踏破する=大分県日田市 九州豪雨災害を受け、7月7日に被災地で活動するレッドサラマンダー。消防車では越えられない土砂を軽々と踏破する=大分県日田市

身をくねらせ被災地をゆく赤いボディー 1台1億1千万円

 散乱するがれきや浸水地域を越えて、一刻も早く被災者へたどり着きたい-。

 ファインダーの向こうで、真っ赤なボディーのキャタピラー車が身をくねらせ、道路をふさぐ土砂やがれきを乗り越えていく。日本に1台しかない全地形対応車「レッドサラマンダー」だ。

 東日本大震災をきっかけに消防庁が購入。平成25年、南海トラフ地震の被害が想定される、愛知県岡崎市消防本部へ配備された。

 軍用車両などを製造するシンガポールの「STキネティックス」が製造。日本では、消防車の開発や製造を行う「モリタ」が販売し、価格は1億1千万円という。

60cm段差乗り越え、26度の斜面を登る 最高時速50km、水中も走行

 ゴム製のキャタピラーで走行し、60センチの段差を乗り越え、26.6度の斜面を登ることができる。定員は前部4人で後部が6人。長さ8.72メートル、幅2.26メートル、最高時速50キロで、水深約1.2メートルまで走行可能。

 初出動となったのは、7月の九州豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市。

 「『ついに来た』という感じ。初めての現場は緊張感がありました」。岡崎消防本部の河合篤主査(36)は振り返る。

▼【写真ずらり】土砂がれき越え走る「レッドサラマンダー」(こちらをクリック)

 日田市で活動する「レッドサラマンダー」は、土砂で覆われた道路をキャタピラーで乗り越え、孤立した集落へ救援に向かった。

▼【関連ニュース】あの“最強”観光列車「ななつ星」ルート…鉄橋また流出、停電 インフラ国土強靱(きょうじん)化を

https://www.youtube.com/watch?v=M0xb55YXtzU

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本に1台しかない「レッドサラマンダー」のすべて 九州豪雨で初出動 過酷な現場で真価、土砂・瓦礫乗り越え被災者救助
  • 日本に1台しかない「レッドサラマンダー」のすべて 九州豪雨で初出動 過酷な現場で真価、土砂・瓦礫乗り越え被災者救助
  • 日本に1台しかない「レッドサラマンダー」のすべて 九州豪雨で初出動 過酷な現場で真価、土砂・瓦礫乗り越え被災者救助
  • 日本に1台しかない「レッドサラマンダー」のすべて 九州豪雨で初出動 過酷な現場で真価、土砂・瓦礫乗り越え被災者救助

関連トピックス

「産経WEST」のランキング