産経WEST

黄砂翌日に心筋梗塞増加、熊本県でデータ分析

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


黄砂翌日に心筋梗塞増加、熊本県でデータ分析

 熊本県で黄砂が飛来した翌日に急性心筋梗塞の発症者が増えていたとする分析結果を、熊本大や国立環境研究所などのチームが4日、発表した。黄砂が心筋梗塞の原因となっているかは不明だが、発症の引き金になっている可能性があるとして、今後、黄砂に付着した大気汚染物質による影響などを詳しく調べる。

 チームは、平成22年4月から27年3月の間に急性心筋梗塞を起こした熊本県内の住民3713人の発症日と、熊本地方気象台で黄砂を観測した計41日の関係を調べた。

 その結果、黄砂が観測された翌日は通常に比べ、発症者が1・46倍に増加。さらに糖尿病や慢性腎臓病がある人では、黄砂飛来日の翌日の発症が1・79~2・07倍になり、統計的に意味のある差が出た。

 分析した熊本大の小島淳特任准教授(循環器内科学)は「慢性腎臓病の患者では血管の炎症などが進んでいる。こうした健康に悪影響がある反応を黄砂が後押しするのではないか」と話した。

「産経WEST」のランキング