産経WEST

【プロ野球】阪神・横田が脳腫瘍の治療から復帰 球団が発表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
阪神・横田が脳腫瘍の治療から復帰 球団が発表

平成28年11月の秋季キャンプで打撃練習をする阪神・横田慎太郎外野手=安芸市営球場(撮影・森本幸一) 平成28年11月の秋季キャンプで打撃練習をする阪神・横田慎太郎外野手=安芸市営球場(撮影・森本幸一)

 阪神は3日、横田慎太郎外野手(22)が脳腫瘍のため入院、治療していたことを発表した。医師から寛解の診断を受け、前日に兵庫県西宮市の選手寮に戻った。今後は来春のキャンプ合流を目指し、リハビリに励んでいく。

 横田は選手寮で取材に応じ、「数カ月にわたる苦しい治療を乗り越えて、復帰できるまで回復したことを本当にうれしく思っています。これからの野球人生が、同じ病気を持つ人たちに夢、感動を与えられるよう、頑張っていきます」と話した。

 横田は昨季は開幕戦の先発メンバーに選ばれるなど38試合に出場。今年2月の春季キャンプ中に頭痛の症状が出たため離脱していた。

 金本監督は球団を通じ、「まずは一安心というのが正直なところです。ここからは時間はかかるだろうけど、復帰に向けて地道に頑張ってくれると思います」とコメントした。

「産経WEST」のランキング