産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】阪神、中田翔獲得見送り 20億のFA資金どこに…「中日・ゲレーロ」急浮上

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
阪神、中田翔獲得見送り 20億のFA資金どこに…「中日・ゲレーロ」急浮上

金本阪神どうなるFA補強…日本ハム・中田翔の獲得を見送った=仙台市のKoboパーク宮城(土谷創造撮影) 金本阪神どうなるFA補強…日本ハム・中田翔の獲得を見送った=仙台市のKoboパーク宮城(土谷創造撮影)

 では、中田翔獲りで予算化した20億円超はどうするか? もちろん金庫の中にしまったまま…というわけではありませんね。あるチーム関係者はこう切り出しました。

 「打線の補強が必要なことは誰が見ても明らかだろう。やはり大物の新外国人選手に視線が行くだろう。新たに米国メジャーから探すか、国内を見るか。一部の意見だけど中日のゲレーロの名前が出ている。かなり年俸が高いだろうけどね…」

 中日のゲレーロは米大リーグのドジャースとの契約を継続したまま、今季は中日でプレーしました。一説によると中日はドジャースの年俸総額の一部である1億5000万円を支払っている状況で、ドジャースは7億円以上も払っている…といわれています。つまり総額8億円以上。今季で中日&ドジャースとの契約が切れる方向で、オフには国内外の複数球団で争奪戦が起きるとみられています。阪神は巨額資金が必要でも、費用対効果が認められるならGOサインの可能性があるのです。

 たとえゲレーロを断念しても米メジャーの大物外国人選手に触手を伸ばす可能性もありますね。いずれにしても宙に浮いた中田翔獲得資金の20億円超は大型補強に費やされるはずです。

続きを読む

このニュースの写真

  • 阪神、中田翔獲得見送り 20億のFA資金どこに…「中日・ゲレーロ」急浮上

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング