産経WEST

14種1千匹のチョウが飛び交う温室が有名、兵庫・伊丹市昆虫館が9月から7カ月長期休館 改修工事で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


14種1千匹のチョウが飛び交う温室が有名、兵庫・伊丹市昆虫館が9月から7カ月長期休館 改修工事で

 兵庫県伊丹市昆虫館(同市昆陽池)は老朽化に伴う改修工事のため、9月1日から来年3月31日まで休館する。工事による長期休館は昨年度に続き2回目で、今回はチョウ温室のガラス交換などを行う。

 平成2年にオープンした同館は14種1千匹のチョウが飛び交う温室が特徴の体験型施設で、大阪や京都など近隣府県から訪れる人も多い。設備の老朽化が進んだことから、昨年度も4カ月かけ、外壁の改修や温室照明の発光ダイオード(LED)化など大規模な改修工事を実施。今回はチョウ温室のガラス交換や屋上の改修などを行い、大規模改修を完了させる。

 工事期間中も職員が常駐し、展示している昆虫を飼育するほか、一般からの昆虫に関する質問を電話やファクス、メールで受け付ける。問い合わせは同館((電)072・785・3582)。

「産経WEST」のランキング