産経WEST

AIで最適運転モードを選択 シャープ、プラズマクラスター最新モデルを9月発売

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


AIで最適運転モードを選択 シャープ、プラズマクラスター最新モデルを9月発売

シャープが発売する新型「プラズマクラスター空気清浄機」=30日、大阪市北区 シャープが発売する新型「プラズマクラスター空気清浄機」=30日、大阪市北区

 シャープは30日、インターネットと接続できる無線LANやクラウド上の人工知能(AI)で周辺エリアの気候や空気の状態を分析し、最適な運転モードを選択して室内を快適にする「プラズマクラスター加湿空気清浄機」の最新モデル4機種を発表した。9月21日以降、順次発売する。

 ほこり、臭い、微小粒子状物質「PM2・5」濃度を計測し、室内ごとの空気の汚れ具合や状態に応じた最適な運転も行う。空気の状態をスマートフォンの画面に表示できる。

 また、AIで家ごとに異なる使用環境や、汚れ方を認識して集塵フィルターの交換時期を知らせる。

 このほか、ユーザーごとの使い方や好みを学習し、自動運転に反映する。市場想定価格は税別4万5千~8万3千円。

このニュースの写真

  • AIで最適運転モードを選択 シャープ、プラズマクラスター最新モデルを9月発売

「産経WEST」のランキング