産経WEST

不動産賃貸「ミニミニ福岡」おとり広告 景品表示法違反で全国初の措置命令

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


不動産賃貸「ミニミニ福岡」おとり広告 景品表示法違反で全国初の措置命令

 福岡県は30日、実在しないマンションの部屋を賃借できるように装って広告したとして、景品表示法違反(おとり広告)で、不動産賃貸・仲介業「ミニミニ」グループ会社の「ミニミニ福岡」(福岡市)に対し表示の取りやめや再発防止策を求める措置命令を出した。県によると、不動産のおとり広告で都道府県が同法に基づき措置命令を出したのは全国で初めて。

 福岡県によると、同社は福岡市博多区内に実在するマンションで存在しない部屋番号を使い、今年3~5月に23物件をインターネットの自社サイトなどに表示した。

 県の聞き取りに対し、同社責任者は「取り扱う物件を多く見せかけて集客したかった」と話しているという。

 ミニミニ福岡の担当者は取材に「反省している。厳重にチェックするなどし、再発防止に努めたい」と話した。

「産経WEST」のランキング