産経WEST

【衝撃事件の核心】泥棒アウトロー人生どっぷり 生活保護受給の83歳が信金強盗を強行したワケ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
泥棒アウトロー人生どっぷり 生活保護受給の83歳が信金強盗を強行したワケ

刃渡り9センチのはさみを手に信用金庫に押し入り、暴力行為処罰法違反の罪で起訴された83歳の男。刑事裁判の法廷に車いす姿で出廷し、血気盛んな犯行動機を語った 刃渡り9センチのはさみを手に信用金庫に押し入り、暴力行為処罰法違反の罪で起訴された83歳の男。刑事裁判の法廷に車いす姿で出廷し、血気盛んな犯行動機を語った

 金融機関を襲うことで「一攫千金」を狙いました-。大阪地裁の法廷で血気盛んな犯行動機を述べたのは、83歳のおじいちゃんだった。言語は極めて明瞭だが、かなり耳が遠い。裁判官の質問にも「聞こえません!」「分かりません!」とよく通る声で応じ、ちぐはぐなやり取りに傍聴席からは失笑が漏れた。前科22犯。生活保護を受けての暮らしに行き詰まりを感じ、はさみを手に信用金庫に乗り込んだ。昭和一ケタ世代の男が大金を求めた理由もまた単純ではあった。「もっとおいしいものを食べ、もっと女の子と遊びたい」

あえなく御用

 6月13日朝、被告は電車に乗って大阪市内の信用金庫支店に向かっていた。

 「失敗したら捕まると思ってドキドキした。到着すると、もうやるしかないと決意した」

 午前9時27分。被告は支店に入るなり、かばんから刃渡り9センチのはさみを取り出した。近くに案内係の女性職員が立っていた。被告は女性の腹部にはさみを突きつけ、「金を出せ」とすごんだ。

 柄の部分をタオルで隠しナイフや包丁に見えるように被告なりの工夫はしていた。ただ、やせ形で色白のおじいちゃんの脅しに、取り乱す職員はいなかった。女性は落ち着いて周囲に状況を伝えた。「支店長を呼んで。刃物を持っている」

 連絡を受け、支店長がやって来て被告に尋ねた。

 支店長「どうされましたか」

 被告「金を出せ」

 支店長「口座はお持ちですか。お話があるなら、あちらへどうぞ」

 冷静に奧の応接コーナーへ誘おうとする支店長。被告は脅しを重ねる。「金を出せ、信用金庫やからあるやろう」

 支店長「話を聞きますので、こちらにどうぞ」

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング