産経WEST

クラゲ大量発生、九電の火力発電所が運転停止 福岡・苅田町、除去装置もストップ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


クラゲ大量発生、九電の火力発電所が運転停止 福岡・苅田町、除去装置もストップ

 九州電力は28日、周防灘に面した火力の苅田発電所新1号機(福岡県苅田町、出力36万キロワット)で、発電機などの冷却に使う海水の取水量が低下したため運転を停止したと発表した。取水口に大量のクラゲが発生したのが原因。6日後には復旧できる見通しで、管内の電力の安定供給に影響はないとしている。

 九電によると、27日午後6時55分ごろからクラゲが発生。クラゲを除去する装置も詰まって停止したという。

「産経WEST」のランキング