産経WEST

鬱病の専門家「配置転換も検討を」原職復帰に疑問

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鬱病の専門家「配置転換も検討を」原職復帰に疑問

 復職後の鬱病の再発率の高さについて、日本精神神経科診療所協会会長で産業医も務める精神科医の渡辺洋一郎氏は「企業側の配慮が不十分なケースも多い。再発防止には発症理由に照らした配置転換の検討も重要だ」と指摘する。

 厚生労働省はスムーズな復帰支援のため、「慣れた職場に戻す」という観点から「原職復帰の原則」をマニュアルで規定。異動を誘因に発症したケースなどでは配置転換した方がいいという例外規定もあるが、多くの企業はこの原則に従い、復職時に休職前の職場に戻している。

 だが、渡辺氏は「この原則こそが再発防止のネックになっていることも少なくない」と強調。休職前の職場への適応障害から鬱病を発症した場合は「元の職場に戻れば再発しやすいのは当然で、配置転換を検討すべきだ」と主張する。

 配慮が不十分な背景には「病気になれば忙しい部署から離れられるのは不平等」との考えがあるとし、「適正な配置換えは企業にとってのプラス」と指摘。「経営者は従業員のよりよい職場適応を図ることが重要と認識し、産業医がそのための専門性を高めることが必要だ」としている。

「産経WEST」のランキング