産経WEST

【依存~溺れるネット世界(5)】「サドンアタック」達人 現実世界は「ズタズタ」 バイト続かずギャンブルに盗み

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~溺れるネット世界(5)】
「サドンアタック」達人 現実世界は「ズタズタ」 バイト続かずギャンブルに盗み

ゲームの達人の現実世界は「ズタズタでみじめ」だったという(写真と本文は関係ありません) ゲームの達人の現実世界は「ズタズタでみじめ」だったという(写真と本文は関係ありません)

前のニュース

 大阪府東大阪市出身の濱田健太(29)はオンラインゲームの世界で名の知れた存在だった。出場した大会で優勝して雑誌にも取り上げられ、大阪・鶴橋の駅で見知らぬ男性から声をかけられたこともある。女性にも正直、もてた。だが現実の世界は違った。

共通の話題は「ゲーム」だけ

 「ズタズタでみじめなものだった」

 濱田は、極端ともいえる人見知りで、新しい人間関係をつくるのが苦手だった。「人にどう思われるのか」。絶えず周囲の目が気になり、相手に悪く思われないようにと、いつも一歩踏み出せないでいた。例えば、進学した地元の私大の入学式。周囲の学生と何か話さなければと焦るだけで声をかけられず、結局、友人をつくれなかった。

 高校と違い、大学は出席の管理が厳しくない。自然と足は遠のき、前期で10回くらいしか大学の敷地内に足を踏み入れなかった。逃げた先が、高校生のころから好きだったオンラインゲームだった。

 ここなら、顔を合わすこともなく、何を話そうかと話題を考える煩わしさはない。共通の話題は、互いのパソコン画面に映るゲーム。濱田がはまった「サドンアタック」はチームによる対戦型の戦闘ゲーム。知らない者同士が仮想空間上で“仲間”となり、相手に勝つことを目指す。

 濱田は「本当に居心地が良かった」と振り返る。

昼夜逆転の生活 「午後10時からゲーム 朝に寝て夕方バイト」

 1年の夏休みに大学を退学。大学から返金された授業料を元手にゲーム専用のパソコンを購入する。

続きを読む

依存のニュース

依存の写真

  • 【依存~溺れるネット世界(5)】「サドンアタック」達人 現実世界は「ズタズタ」 バイト続かずギャンブルに盗み
  • 【依存~溺れるネット世界(4)】毎日10時間プレイ 「サドンアタック」での称賛に喜び 親への“報復”で殻に閉じこもり、高専や大学中退
  • 【依存~溺れるネット世界(3)】ゲーム内の女性ルナディアナ溺愛 MMORPG「マビノギ」で出会った 実際は「おじさんだったとしてもよかった」
  • 【依存~溺れるネット世界(2)】覚醒剤打ち一睡もせずネット株取引 「心の穴」埋めてくれる
  • 【依存~溺れるネット世界(1)】スマホゲーム「無間地獄」 FGOにはまり際限なく高額利用
  • 【依存~ホストにはまる女たち(5)】風俗勤め巧みに誘導 ホスト依存の“手口” 店全体で仕掛け、使命感あおる
  • 【依存~ホストにはまる女たち(4)】仕組まれた「恋愛関係」 1カ月80万円…彼のため「毎日いかなきゃ」
  • 【依存~ホストにはまる女たち(3)】5年で6千万円つぎ込んでも「後悔ない」 小5で性的暴行・援交…悲惨な経験、希薄な人間関係埋めるホストの存在
  • 【依存~ホストにはまる女たち(2)】妹のようにかわいがってくれ、消えた不安 次第に狂った金銭感覚
  • 【依存~ホストにはまる女たち(1)】毎日DV受け、風俗店勤め強いられても離れられぬ「存在」 幼少期からの寂しさ埋めたホスト「そばにいるだけでいい」
  • 【依存~断てないギャンブル(7)】「依存は回復できる」 施設入所の7割は再発なく社会復帰 地域・医療機関の連携と情報共有
  • 【依存~断てないギャンブル(6)】「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に

「産経WEST」のランキング