産経WEST

タリウムで女性殺害の名大元女子学生、二審初公判出廷 弁護側「重い障害、責任能力ない」と再び無罪主張

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


タリウムで女性殺害の名大元女子学生、二審初公判出廷 弁護側「重い障害、責任能力ない」と再び無罪主張

元名大生の控訴審初公判が開かれた名古屋高裁=24日午前 元名大生の控訴審初公判が開かれた名古屋高裁=24日午前

 名古屋大在学中に高齢女性を殺害し、高校時代にも仙台市で同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたとして殺人や殺人未遂などの罪に問われ、一審名古屋地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた元女子学生(21)の控訴審が24日、名古屋高裁(村山浩昭裁判長)で始まった。控訴審では被告人の出廷義務はないが、元女子学生は出廷した。

 一連の事件に対する責任能力の有無が最大の争点。弁護側は一審同様、元女子学生には重い精神障害があり、責任能力は問えないと無罪を主張した。控訴趣意書で弁護側は「障害の影響は限定的」として完全責任能力を認めた一審判決を「障害の特性や精神症状について重大な事実誤認を重ねている」と批判。検察側は控訴棄却を求めた。

 一審の被告人質問で元女子学生は「人が死ぬ過程を見たい」「(タリウムの)中毒症状を見たい」と常軌を逸した発言を繰り返した。この日の初公判で次回期日で元女子学生の被告人質問を行うことが決まった。

 一審判決などによると、元女子学生は19歳だった平成26年12月、宗教勧誘を通じて知り合った森外茂子さん=当時(77)=を名古屋市の自宅アパートに招き、おので殴るなどして殺害。24年5~7月には、仙台市で同級生ら男女2人に飲み物に混ぜた硫酸タリウムを飲ませ殺害しようとした。また仙台市の民家に放火、住人を殺害しようとした。

「産経WEST」のランキング