産経WEST

【将棋】藤井四段、棋王戦本戦で豊島将之八段と対局 A級棋士とは初対局 中学生のうちに挑戦できる“最後のタイトル戦”最初の関門

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井四段、棋王戦本戦で豊島将之八段と対局 A級棋士とは初対局 中学生のうちに挑戦できる“最後のタイトル戦”最初の関門

初手を指す藤井聡太四段(左)=24日午前、大阪市福島区の関西将棋会館 初手を指す藤井聡太四段(左)=24日午前、大阪市福島区の関西将棋会館

前のニュース

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少棋士、藤井聡太四段(15)と若手のトップ棋士、豊島将之八段(27)とのタイトル戦棋王戦本戦の対局が24日午前、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。豊島八段は5ランクある名人戦順位戦で最上位のA級に在籍する実力者で、藤井四段が公式戦でA級棋士と対局するのは初めて。藤井四段が中学生で挑戦できる可能性があるタイトル戦はこの棋王戦のみで、最初の関門を突破できるかどうか、注目される。

 順位戦はA級▽B級1組▽B級2組▽C級1組▽C級2組の順で5クラスあり、A級の優勝者が佐藤天彦名人(29)への挑戦権を得る。

 約160人の現役棋士のうち、A級に在籍するのは豊島八段のほか、羽生善治三冠(46)や渡辺明竜王(33)、久保利明王将(41)らトップ棋士11人だ。一方の藤井四段が在籍するのはC級2組だ。

 豊島八段は平成19年にプロ入り。タイトル獲得経験はまだないものの、王将戦(22年)、王座戦(26年)、棋聖戦(27年)で挑戦者になったことがある。昨年は将棋日本シリーズJTプロ公式戦で佐藤名人ら実力者たちを破って優勝している。

続きを読む

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

このニュースの写真

  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング