産経WEST

【関西の議論】「女性専用車両」肝心の痴漢対策に効果なし? 男性差別とブーイングも…撲滅への新たな〝武器〟は

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
「女性専用車両」肝心の痴漢対策に効果なし? 男性差別とブーイングも…撲滅への新たな〝武器〟は

関西での女性専用車両の導入状況。定着してきたといえるが、肝心の痴漢対策への効果は不透明だ。利用客の間では「男性差別」との反発も… 関西での女性専用車両の導入状況。定着してきたといえるが、肝心の痴漢対策への効果は不透明だ。利用客の間では「男性差別」との反発も…

痴漢の犯行場所が移動しただけ?

 女性専用車両に痴漢対策効果はあるのか。

 犯罪白書によると、電車内での強制わいせつ事件の認知件数は18年の420件に対し、26年は283件。電車以外も含む痴漢事案の摘発件数は、18年が4181件だったが、26年は3439件となっている。

 統計上、被害は減少しているのだが、警察庁の有識者会議「電車内の痴漢防止に係る研究会」で委員を務めた淑徳大の山本功教授(犯罪社会学)は「女性専用車両に効果があるのかは、よく分からない。そもそも痴漢への抑止力は期待できない」と指摘する。

 基本的にどの電車でも女性専用車両は1両。ラッシュ時に限らず終日運行する例もあるが、すべての女性が利用できるわけではない。痴漢常習者が他の車両で犯行に及ぶため、「単に犯行場所が移動しているだけだ」(山本教授)というのだ。

 さらに、恥ずかしさなどから、被害を訴えていない女性が相当数いるとされている。

冤罪報道、行き過ぎると偏見も…

 「痴漢におびえる女性を守るという意味は確かにある」

 「一般社団法人痴漢抑止活動センター」(大阪市)の松永弥生代表理事(52)は、女性専用車両の意義をこう評価する一方、「そうだとしても、痴漢がなくなるわけではない」として、現時点では次善策にすぎないと語る。

 松永代表理事によると、女性専用車両に乗車したがらない女性もいるという。

 「女性専用車両に乗るのはブスとババアばかり」。こんな根拠のない意見がインターネットなどで飛び交うようになり、「『利用しているのを見られるのが嫌』と話す女性もいた」と明かす。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング