産経WEST

【高校野球】広陵・中村、大阪桐蔭・徳山…プロ野球スカウトの熱視線集める球児たち

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球】
広陵・中村、大阪桐蔭・徳山…プロ野球スカウトの熱視線集める球児たち

広陵(広島)ー中京大中京(愛知)のスタンドに陣取る阪神スカウト=甲子園球場(撮影・永田直也) 広陵(広島)ー中京大中京(愛知)のスタンドに陣取る阪神スカウト=甲子園球場(撮影・永田直也)

 【野手】

 ナンバーワンスラッガーとの評価を得ていた清宮幸太郎(早実)が西東京大会で敗退。目玉不在と思われていたが、中村奨成(広陵)が1大会の本塁打記録を塗り替える活躍。その評価は群を抜く。オリックスの内匠(たくみ)政博スカウトは「打撃、走力、スローイングとも高校生捕手のレベルをはるかに上回っており、魅力的」と絶賛した。

 大阪桐蔭の2年生、藤原恭大と根尾昂(あきら)についても「好素材。どちらもセンスがあり、広角に打てるから、打率を残せる打者になり得る」と引き続き注目していくという。また、増田珠(しゅう)(横浜)も「パンチ力がある。ドラフトでも複数の球団が指名を狙うのではないか」(楽天・福田補佐)と評価が高かった。

 あるスカウトは「投手、野手とも、PL学園の『KK』(桑田真澄、清原和博)のように超高校級といえる選手はいないが、選手の身体能力は年々レベルアップしており、好素材は少なからずいる」と断言。“甲子園の星”たちの中から、プロの門をくぐる選手がどれだけ誕生するか-。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング