産経WEST

ガンバ大阪本拠地が命名権者募集 大阪「吹田」残し市を全国PR 年間67万人観客に期待

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ガンバ大阪本拠地が命名権者募集 大阪「吹田」残し市を全国PR 年間67万人観客に期待

命名権者の募集を始めた市立吹田サッカースタジアム 命名権者の募集を始めた市立吹田サッカースタジアム

 大阪府吹田市が、サッカーJ1ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」(吹田市千里万博公園)の命名権者(ネーミングライツパートナー)の募集を始めた。来年1月には新しい名称の使用を始める予定だが、市がこだわったのは名称に「吹田」という言葉を入れることだ。漢字のほか、平仮名、片仮名、ローマ字も認めており、サッカーで年間約67万人が入場する同スタジアムから市をPRしたいというねらいがある。(張英壽)

 市文化スポーツ推進室によると、昨年3月、ガンバ大阪が同スタジアムに命名権を導入するよう市に要望。一方、市も、今年度から市施設の命名権(ネーミングライツ)を売却して市収入とする制度を設け、その第1号として同スタジアムが選ばれた。現在の名称は残り、新たにつけられた名称は愛称として使われる。

 同課の担当者によると、自治体が命名権を売却し、公募する取り組みは近年広く行われているが、自治体や地名が残る場合と、残らないケースに分かれる。しかし、自治体名や地名がなければ、どこに立地しているのかわかりにくい。スタジアムの命名権導入について市が今年、市民の意見を聞いたところ、「『吹田』を入れることが条件」とする声が多く聞かれたという。企業や団体名、ブランド名などが想定されるが、市名が入ることになった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング