産経WEST

「チャレンジ1日獣医さん」淡路島の小学生が仕事体験 「犬や猫にいろいろ病気があることわかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「チャレンジ1日獣医さん」淡路島の小学生が仕事体験 「犬や猫にいろいろ病気があることわかった」

獣医の仕事を体験する小学生の女子児童(右)=淡路市塩田新島の動物愛護センター淡路支所 獣医の仕事を体験する小学生の女子児童(右)=淡路市塩田新島の動物愛護センター淡路支所

 小学生が獣医の仕事を体験する「チャレンジ1日獣医さん」が兵庫県淡路市塩田新島の動物愛護センター淡路支所で開かれた。淡路島内の小学5、6年生12人が参加し、聴診器で犬の心音を聴くなど動物の体調をチェックする技術や知識を学んだ。

 動物に触れ合うことで人との違いや適切な飼い方を知り、生き物を大切にする心をはぐくんでもらおうと同支所が毎年夏休みに開催している。

 白衣に着替えた児童は同支所で飼われている生後約3カ月の雄犬「快」で診察に挑戦。肛門に体温計を入れて体温を測り、後足の内側で心拍数を数えたり、聴診器で心音を確かめたりした。目、耳、口、鼻、毛、体など動物の体調をチェックするポイントを教わり、それぞれ異常がないかを調べた。またフンを使って病気の有無などを調べる検査体験も行われた。

 洲本市立鳥飼小6年の冨田隼生(しゅんせい)さん(11)は「犬や猫にいろいろな病気があることを知って驚きました」と話していた。

「産経WEST」のランキング