産経WEST

【依存~溺れるネット世界(2)】覚醒剤打ち一睡もせずネット株取引 「心の穴」埋めてくれる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~溺れるネット世界(2)】
覚醒剤打ち一睡もせずネット株取引 「心の穴」埋めてくれる

日常の生活では得られない「充足感」をネットトレードで埋めていたという(写真と本文は関係ありません) 日常の生活では得られない「充足感」をネットトレードで埋めていたという(写真と本文は関係ありません)

前のニュース

 インターネットが広く浸透し始めたとされる今から10年ほど前に、兵庫県出身の稲村聡一(43)はネットトレードにはまった。学業や仕事、結婚。「経歴」だけなら、どこにでもいるような40歳代の一般男性だが、平凡な生活に満足感を全く持てなかった。唯一、夢中になれたというネットトレードは、稲村を破滅へと向かわせた。

不眠不休の月~木、金曜に気を失う…「風呂に入る時間ももったいない」

 ネットトレードにはまった当初はアパレル会社に勤め、営業成績はトップクラスだった。年間100日は出張していたものの、次第に仕事はメールで済ませ、出張先のホテルにこもってネットトレードに専念するようになる。

 取引で100万単位で利益が出ると優越感を持てた。ただ、100万円の損失を出しても焦りはなかった。「まだ負けられる。いつでも取り返せる」。それぐらいの蓄えはあると思っていたし、自分は冷静に、夢中になっていると信じ込んでもいた。

 そして35歳の時に退社した。すでに離婚し、背負う家族はなかった。だが何より「風呂に入る時間ももったいない。取引を続けたい」という思いが、稲村を突き動かしていた。

 それからは、大学時代のアルバイトの先輩から教えてもらったという覚醒剤を打ちながら月曜の朝から一睡もせずにパソコンの画面をにらんだ。食事はほとんどとらない。金曜に気を失い、2~3日眠って、月曜からまたネットトレードを始めた。

母親に死ぬほど暴力 親友もいない

 稲村は幼少のころから何ごとも「現実」と向き合うことができず、少しでもやっかいなことが起きると、すぐ逃げた。

続きを読む

依存のニュース

依存の写真

  • 【依存~溺れるネット世界(5)】「サドンアタック」達人 現実世界は「ズタズタ」 バイト続かずギャンブルに盗み
  • 【依存~溺れるネット世界(4)】毎日10時間プレイ 「サドンアタック」での称賛に喜び 親への“報復”で殻に閉じこもり、高専や大学中退
  • 【依存~溺れるネット世界(3)】ゲーム内の女性ルナディアナ溺愛 MMORPG「マビノギ」で出会った 実際は「おじさんだったとしてもよかった」
  • 【依存~溺れるネット世界(2)】覚醒剤打ち一睡もせずネット株取引 「心の穴」埋めてくれる
  • 【依存~溺れるネット世界(1)】スマホゲーム「無間地獄」 FGOにはまり際限なく高額利用
  • 【依存~ホストにはまる女たち(5)】風俗勤め巧みに誘導 ホスト依存の“手口” 店全体で仕掛け、使命感あおる
  • 【依存~ホストにはまる女たち(4)】仕組まれた「恋愛関係」 1カ月80万円…彼のため「毎日いかなきゃ」
  • 【依存~ホストにはまる女たち(3)】5年で6千万円つぎ込んでも「後悔ない」 小5で性的暴行・援交…悲惨な経験、希薄な人間関係埋めるホストの存在
  • 【依存~ホストにはまる女たち(2)】妹のようにかわいがってくれ、消えた不安 次第に狂った金銭感覚
  • 【依存~ホストにはまる女たち(1)】毎日DV受け、風俗店勤め強いられても離れられぬ「存在」 幼少期からの寂しさ埋めたホスト「そばにいるだけでいい」
  • 【依存~断てないギャンブル(7)】「依存は回復できる」 施設入所の7割は再発なく社会復帰 地域・医療機関の連携と情報共有
  • 【依存~断てないギャンブル(6)】「辱め受けても、お金のためなら嘘つけた」 援交で得た現金をスロットに 家族愛に飢え泥沼に

「産経WEST」のランキング