産経WEST

【高校野球】大阪桐蔭「2度目の春夏連覇」の夢消える 仙台育英にサヨナラ負け

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球】
大阪桐蔭「2度目の春夏連覇」の夢消える 仙台育英にサヨナラ負け

第99回全国高校野球 大阪桐蔭(大阪)‐仙台育英(宮城) 敗れた大阪桐蔭(大阪)ナイン  =甲子園球場(長尾みなみ撮影) 第99回全国高校野球 大阪桐蔭(大阪)‐仙台育英(宮城) 敗れた大阪桐蔭(大阪)ナイン  =甲子園球場(長尾みなみ撮影)

 熱戦が続く夏の甲子園で19日、波乱が起きた。史上初となる2回目の春夏連覇が期待された大阪桐蔭(大阪)が、仙台育英(宮城)にサヨナラ負けを喫した。偉業達成はベスト8の手前の3回戦でついえ、球場の高校野球ファンからは「絶対王者がここで負けるとは」と悲痛な声が上がった。

 夕刻の第4試合。1-0と大阪桐蔭リードで迎えた九回裏2死一、二塁、先発の柿木は仙台育英の代打小川をショートゴロに打ち取ったが、送球を捕球した一塁手の足が離れてセーフに。完封勝利が満塁のピンチに一転し、つづく8番馬目(まのめ)の打球は快音を残して左中間に落ち、サヨナラの走者が生還した。

 球場は歓声や悲鳴で騒然とし、大阪桐蔭のファンという京都府福知山市の公務員、斉藤正也さん(30)は「大阪桐蔭は絶対王者。まさかという思い」と話し、あぜんとした表情でグランドを見つめた。

 大阪桐蔭の野球部元スコアラーで大阪市城東区の自営業、寺地豪さん(31)は「チャレンジャーの仙台育英の方が失うものが少なく、力を発揮できたのではないか。その差が結果に現れたのだろう」と肩を落とした。(桑村大)

関連トピックス

「産経WEST」のランキング