産経WEST

佐賀を「水の都」に生まれ変わらせる 江戸期の水路活用し町おこし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


佐賀を「水の都」に生まれ変わらせる 江戸期の水路活用し町おこし

佐賀市の水路をカヤックや和舟に乗って進むイベント参加者ら(さがクリークネット提供) 佐賀市の水路をカヤックや和舟に乗って進むイベント参加者ら(さがクリークネット提供)

 佐賀平野で約400年前の江戸時代初期から整備されてきた水路を、佐賀市の住民グループが町おこしに活用しようと取り組んでいる。夢は、イタリアのベネチアやオランダの首都アムステルダムのような「水の都」に生まれ変わらせること。行政も住民主導の観光資源づくりを後押しする。

 「魚やカメが住む水辺が、街の中にたくさんある。生かさない手はない」。佐賀市の建築家川崎康広さん(34)は2015年夏、同じ思いを抱いていた地元の建築士会や大学、民間非営利団体(NPO)の関係者らと活動を始めた。

 山地が少ない佐賀地方は水不足に陥りがちだったため、肥前・鍋島藩は水路の整備を推進。有明海に注ぐ川から水を引き込む幅1~30メートルのものが、現在の佐賀市街にも張り巡らされた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 佐賀を「水の都」に生まれ変わらせる 江戸期の水路活用し町おこし

「産経WEST」のランキング