産経WEST

「英語が好きになった」中学生イングリッシュ・サマースクール、神戸外大で開始

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「英語が好きになった」中学生イングリッシュ・サマースクール、神戸外大で開始

「中学生イングリッシュ・サマースクール2017」のプログラムに参加する生徒ら=神戸市西区の市外国語大学 「中学生イングリッシュ・サマースクール2017」のプログラムに参加する生徒ら=神戸市西区の市外国語大学

 神戸市外国語大学(神戸市西区)で16日、市内の中学生と外国人英語指導助手(ALT)がグループで会話するなど、生きた英語を学ぶ「中学生イングリッシュ・サマースクール」が始まった。中学生らは英単語や体を使った表現で意思疎通を図った。

 市教委が平成20年度から夏休みを利用して開催。今年は18日までに過去最多となる62校の1~3年生計約880人が参加する。

 初日は23校250人が同大を訪れ、ALTとゲームやダンスを通じて“英会話”に取り組んだ。ALTの問いかけに、中学生たちは英単語や体を駆使して自分の気持ちを伝えていた。

 また、同大のロシア学科や中国学科、イスパニア学科で学ぶ学生が、あいさつの言葉のほか、各国の文化などを日本語で説明し、英語との違いを紹介した。

 市立塩屋中2年の衣笠匠さん(14)は「文法中心の授業と違い、英会話を楽しめた。英語が好きになった」と話していた。

「産経WEST」のランキング