産経WEST

【奈良小型機墜落】不具合発生の報告、「緊急事態宣言」もせず 引き返し連絡後に異常か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【奈良小型機墜落】
不具合発生の報告、「緊急事態宣言」もせず 引き返し連絡後に異常か

単発プロペラ機が墜落した奈良県山添村の事故現場=14日午後 単発プロペラ機が墜落した奈良県山添村の事故現場=14日午後

 奈良県山添村の山中に小型機が墜落し、2人が死亡した事故で、パイロットは八尾空港(大阪府八尾市)を離陸した16分後に引き返すと管制官に連絡した際、不具合が発生したとの報告をしていなかったことが15日、国土交通省関係者への取材で分かった。

 この3分後にレーダーから機影が消え、墜落したとみられる。優先的な着陸を求める「緊急事態宣言」もしておらず、連絡した後に突発的な異常が起きた可能性がある。

 県警によると、2人は大阪市の会社役員、田中良一さん(68)と妻、佐智子さん(55)とみられる。県警は良一さんが操縦していたとみて、事故状況を詳しく調べる。

 運輸安全委員会の航空事故調査官2人が15日午前、現場に入り原因調査を開始。県警と消防はコックピット付近で見つかった遺体を運び出す作業を始める。

 国交省などによると、事故機は14日午前11時57分に離陸。飛行中の午後0時13分、関西空港の管制官に連絡があり、16分にレーダーから消えた。

 墜落した単発プロペラ機ソカタTBM700の飛行計画では、三重県伊賀市や愛知県営名古屋空港の付近を通るルートで、福島空港(福島県)に向かう予定だった。

「産経WEST」のランキング