産経WEST

【銀幕裏の声】硫黄島へ護衛なき物資輸送 敵機かわしたつもりが 主翼に複数の弾丸…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(中)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
硫黄島へ護衛なき物資輸送 敵機かわしたつもりが 主翼に複数の弾丸…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(中)

一式陸攻機長だった田中修さん。昭和20年、海軍中尉の頃(田中さん提供) 一式陸攻機長だった田中修さん。昭和20年、海軍中尉の頃(田中さん提供)

 第二次世界大戦中、日米の激戦地、硫黄島で戦う日本軍の兵士あてに書かれた家族からの手紙を命がけで運んでいたパイロットたちがいた。元海軍一式陸上攻撃機(一式陸攻)のパイロット、田中修さん(94)は、昭和19年7月から十数回にわたり、千葉・木更津の海軍航空基地から硫黄島までの往復輸送の飛行を敢行。多くの一式陸攻が敵戦闘機に撃墜されるなか、卓越した操縦技術で敵機の追尾をかいくぐり、物資を届け続けた。「硫黄島への輸送の際、護衛の戦闘機? 一機もつきませんでした。いつも単独飛行でしたよ」と田中さんは豪快に笑い、当時を振り返った。(戸津井康之)

護衛なき単独飛行

 「もうすぐ硫黄島が見えてくる」という直前、田中さんが操縦する一式陸攻の後方に米戦闘機P38ライトニングの機影数機が見えた。

 通常であれば、戦地へ物資を運ぶ攻撃機などには護衛の戦闘機が付くが、当時の日本軍には護衛機をつけるだけの余裕もなかった。硫黄島へ物資を届けていた田中さんの一式陸攻は単独飛行が多かったという。

 待ち伏せしていたP38は執拗に追尾してきた。だが、田中さんはあせることなく冷静に操縦に徹した。

 「追ってくる敵戦闘機の機首の向きさえ把握していれば、撃ち落とされる心配はない。そう確信していましたから」と田中さんは豪語し、その操縦方法について臨場感豊かに説明してくれた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 硫黄島へ護衛なき物資輸送 敵機かわしたつもりが 主翼に複数の弾丸…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(中)
  • 硫黄島へ護衛なき物資輸送 敵機かわしたつもりが 主翼に複数の弾丸…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(中)

関連ニュース

「産経WEST」のランキング