産経WEST

【将棋】藤井四段、若手強豪の菅井七段に敗れる 「読みの精度低かった」ホームグラウンドの関西将棋会館で初黒星

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
藤井四段、若手強豪の菅井七段に敗れる 「読みの精度低かった」ホームグラウンドの関西将棋会館で初黒星

菅井竜也七段(手前)に敗れた藤井聡太四段。王将戦2次予選進出はならなかった=4日午後、大阪市福島区の関西将棋会館 菅井竜也七段(手前)に敗れた藤井聡太四段。王将戦2次予選進出はならなかった=4日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

前のニュース

 公式戦29連勝の新記録を樹立した将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(15)が4日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた王将戦1次予選決勝で、若手実力者の菅井竜也七段(25)に敗れ、2次予選進出はならなかった。

 対戦相手の菅井七段は、現在行われている王位戦七番勝負で羽生善治王位(46)に2連勝中で、一昨年の新人王戦でも優勝した強豪。これで通算成績は34勝3敗となった。藤井四段がホームグラウンドの関西将棋会館で負けたのは初めて。

 藤井聡太四段の話 途中から一直線の展開で、はっきり負けにしてしまった。踏み込まれて、読みの精度が低かったかもしれない。本局は完敗で、菅井さんの強さを感じた。

 菅井竜也七段の話 難しい局面で苦しくなると思い、踏み込んだ。(藤井四段は)一局だけでは分からないが、終盤が強いと思って警戒はしていた。いつも通りに指したつもりです。

次のニュース

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

このニュースの写真

  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」
  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング