産経WEST

【滋賀女性遺棄】逮捕の2人は同じ中学の先輩・後輩の間柄 「気の弱いごく普通の人」「信じられない」と知人ら

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【滋賀女性遺棄】
逮捕の2人は同じ中学の先輩・後輩の間柄 「気の弱いごく普通の人」「信じられない」と知人ら

 死体遺棄容疑で逮捕された岐阜県大垣市の土木作業員、西田市也容疑者(20)と滋賀県愛荘町のアルバイトの少年(18)は、ともに滋賀県東部の出身で同じ中学の先輩と後輩の間柄だった。バイクや車が好きだった西田容疑者と、中学時代に柔道の稽古に励んだという少年。2人は殺害への関与も認めているとされるが、知人らは「信じられない」と口をそろえた。

 西田容疑者の地元の先輩という20代の男性は「礼儀正しくて良い子。裏で糸を引いた人間がいるとしか思えない」。中学時代からの知人という別の20代の男性は「気の弱いごく普通の人だった」と話した。

 大垣市の自宅マンションでは高級車に乗っていた西田容疑者。住民の40代の女性は「すれ違ったら必ずあいさつをしてくれた。怖いと思ったことはない」。

 少年の実家近くの60代男性によると、少年は幼い頃に両親が離婚した関係で、主に父方の祖父母に面倒を見てもらっていた。男性は「あいさつをしっかりする真面目な子。2人の愛情が伝わらなかったのか…」と肩を落とした。

 親族の女性によると、少年は以前、ホームセンターでアルバイトをしており、真面目な勤務態度で上司から信頼されていたという。女性は「まさか、あのおとなしくて優しかった子が」とうつむいた。

「産経WEST」のランキング