産経WEST

【銀幕裏の声】家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【銀幕裏の声】
家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)

高高度を飛ぶ一式陸上攻撃機。終戦まで海軍の主力攻撃機として使用された 高高度を飛ぶ一式陸上攻撃機。終戦まで海軍の主力攻撃機として使用された

 第二次世界大戦下、日米の激戦地となった硫黄島。この島を舞台にハリウッドの巨匠、クリント・イーストウッド監督は米側の視点から「父親たちの星条旗」を、日本側の視点から「硫黄島からの手紙」の映画2本を撮った。「硫黄島~」は栗林忠道陸軍中将が東京の家族との手紙の絆をテーマにした作品。だが、手紙がどうやって島へ届けられていたかは詳しく描かれていない。その手紙を決死の飛行で届けていたのが、元海軍一式陸上攻撃機(一式陸攻)パイロット、田中修さん=滋賀県草津市在住=だ。硫黄島へ向かった多くの一式陸攻が撃墜される中、戦火をくぐり抜け生き残った田中さんの最後の任務は特攻だった。「仲間の死を決してむだにしてはいけない」。戦後72年目の夏、田中さんは初めて取材に応じ、平和の尊さを訴えるとともに、壮絶な特攻計画を明かした。(戸津井康之)

硫黄島への決死の飛行

 「私のパイロットとしての最初の任務ですか? 硫黄島へ赴任する士官を乗せ、兵士宛の家族たちの手紙や物資を積んで空輸すること。島に着くと、今度は本土へ帰還する士官を乗せ、兵士から家族あての手紙を積んで基地へ戻ることでした」

 戦後72年を迎えた夏。滋賀県草津市で暮らす94歳の田中さんは静かに語り始めた。

 昭和19(1944)年7月、一式陸攻のパイロットとして千葉・木更津の航空隊に赴任した。翌年初めにかけて、同基地と硫黄島間を計十数回往復したという。

 硫黄島は現在の東京都小笠原村に属す。東京都中心部から南方へ約1200キロ離れた小笠原諸島の南端に位置する東西8キロ、南北4キロの小さな島。

あの渡辺謙も演じた「硫黄島の戦い」…南洋の拠点へ“命”運び、そして

このニュースの写真

  • 家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)
  • 家族の手紙届けるため硫黄島へ決死の飛行 敵機と遭遇、機体スライドさせ弾丸避け…特攻覚悟、一式陸攻パイロットの証言(上)

関連ニュース

「産経WEST」のランキング