産経WEST

【西論】藤井フィーバー 将棋復権、ブームで終わらせるな

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西論】
藤井フィーバー 将棋復権、ブームで終わらせるな

銀河戦予選で平藤真吾七段(手前)に勝利した藤井聡太四段=7月27日、大阪市福島区 銀河戦予選で平藤真吾七段(手前)に勝利した藤井聡太四段=7月27日、大阪市福島区

 1つ目は、スポーツ界で藤井四段と同世代の中高生選手が大活躍し注目を集めていること。卓球の平野美宇選手(17)は4月のアジア選手権女子シングルスで、世界ランキング上位の中国選手を次々と撃破、最年少で日本勢として21年ぶりの優勝を成し遂げ、6月には世界選手権で48年ぶりに日本にメダルをもたらした。他の競技でも「若い」を通り越して「まだ子供」の中高生が世界の強豪相手に渡り合う姿は、大人も子供も熱狂させる。“藤井フィーバー”もその延長線上にある。

 2つ目は、昨年から今年にかけ、将棋をテーマにした話題の映画2本が公開されたことだ。難病と闘いながら将棋に人生を懸け、29歳の若さでこの世を去った故・村山聖(さとし)九段の生涯を描いた映画『聖の青春』が昨年11月に、今年3月には、中学生でプロになった天才棋士を描いた人気漫画『3月のライオン』の実写映画が公開された。勝負の世界の厳しさ、濃い人間模様は、将棋を知らない人たちにも感動を与えた。

 藤井四段は昨年12月にデビューしたが、その相手は、当時現役最高齢で、それまでの最年少記録保持者だった加藤一二三九段(77)。連勝街道の出発点が“新旧天才対決”という、絵に描いたようなドラマチックな舞台回し。映画の主人公と藤井四段を重ねる人も多かっただろう。

 ◆環境、タイミングそろう

 そして3つ目の要素がインターネットによる生中継である。

 将棋は密室の対局室で行われるため、かつてはサッカーや野球などのスポーツと違って観戦しづらかった。対局は朝から深夜にまで及ぶこともあり、テレビで最初から最後まで中継するわけにもいかなかった。

続きを読む

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

最年少プロ棋士 藤井聡太の写真

  • 【将棋】藤井四段、竹内四段に勝ち棋聖戦1次予選決勝進出 ゴキゲン中飛車で穴熊崩す、あわや千日手の局面も冷静に対処
  • 【将棋】藤井四段、棋聖戦1次予選対局始まる 3回戦で竹内雄悟四段と4度目の対戦
  • 【藤井聡太四段】王座戦予選で小林健二九段に勝利、初戦突破
  • 【藤井聡太四段】昼食はがっつりやきめし&とんこつラーメン 小林九段は「珍豚美人」セット 王座戦予選、戦型は角交換振り飛車
  • 【藤井聡太四段】王座戦1次予選初戦、小林健二九段との2度目の対局始まる 先手は藤井四段
  • 【関西の議論】「進学すべきか」悩める天才少年・藤井四段、母は「進学してほしいけど本人は…」、中学生デビューした先人4棋士の進路は?
  • 【将棋】藤井聡太四段、棋王戦本戦で豊島将之八段に敗れる 中学生タイトル獲得可能性潰える
  • 【将棋】藤井四段、棋王戦本戦・豊島将之八段戦で千日手指し直し 昼食は「和牛ステーキ定食」、豊島八段は「カレー定食」
  • 【将棋】藤井四段、棋王戦本戦で豊島将之八段と対局 A級棋士とは初対局 中学生のうちに挑戦できる“最後のタイトル戦”最初の関門
  • 【将棋】藤井聡太四段、朝日杯で熱戦制し連勝「粘りが奏功した」 公式戦38勝目
  • 【将棋】藤井聡太四段、朝日杯で竹内雄悟四段と対局始まる きょう2戦目、角交換し竹内四段は穴熊に
  • 【将棋】藤井聡太四段、朝日杯で大石六段に勝利、激しい攻め合い制す 午後に3回戦・竹内四段と対局

関連トピックス

「産経WEST」のランキング