産経WEST

【ビジネスの裏側】aiwa、Victor、SANYO…ニッポンAVブランドが続々復活 輝き取り戻せるか

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
aiwa、Victor、SANYO…ニッポンAVブランドが続々復活 輝き取り戻せるか

アイワが販売を予定するCDラジカセ アイワが販売を予定するCDラジカセ

 船井電機は6月から独占販売契約を結ぶ家電量販大手ヤマダ電機の店舗で、高精細な4Kを中心とした液晶テレビの販売を開始。18年以来の国内テレビ市場への再参入で、「FUNAI(フナイ)」ブランドが国内で久々に復活となった。

 価格を抑えた従来画質のモデルも用意。幅広い層に対応する。国内メーカーの撤退が相次ぐ中、ヤマダ電機は「お客に支持される日本ブランドが必要」(山田昇会長)と熱い視線を送る。

再び世界の舞台へ

 パナソニックは21年に買収した三洋電機の「SANYO」ブランドを活用し、インド市場の開拓を進めている。昨夏に液晶テレビを売り出し、スマートフォンの販売も計画中だ。

▼【関連ニュース】よみがえる「SANYO」ブランド パナソニックのインド戦略の裏側

 SANYOブランドの製品は、国内外で「パナソニック」ブランドに吸収してきた。しかし、インドではSANYOブランドが強く、復活することになった。

 また、パナソニックは26年に高級オーディオブランド「Technics(テクニクス)」を4年ぶりに復活させ、国内外のオーディオファンを喜ばせた。

続きを読む

このニュースの写真

  • aiwa、Victor、SANYO…ニッポンAVブランドが続々復活 輝き取り戻せるか
  • aiwa、Victor、SANYO…ニッポンAVブランドが続々復活 輝き取り戻せるか
  • aiwa、Victor、SANYO…ニッポンAVブランドが続々復活 輝き取り戻せるか
  • aiwa、Victor、SANYO…ニッポンAVブランドが続々復活 輝き取り戻せるか

関連ニュース

「産経WEST」のランキング