産経WEST

出産した女児の遺体を遺棄した女性自衛官を容疑で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


出産した女児の遺体を遺棄した女性自衛官を容疑で逮捕

 自衛隊駐屯地の隊舎の自室に、出産した女児の遺体を遺棄したとして、滋賀県警捜査1課などは1日、死体遺棄容疑で、陸上自衛隊今津駐屯地第10戦車大隊の陸士長、田村榛菜(はるな)容疑者(23)=滋賀県高島市今津町今津=を逮捕した。「その通りです」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、7月27日午前6時半ごろ、同市今津町今津の陸上自衛隊今津駐屯地の隊舎内で、自分が出産した女児の遺体を部屋の中に放置したとしている。

 捜査1課によると、司法解剖の結果、女児の死因は窒息死と判明。出産したのは27日午前6時ごろで、死亡推定時刻は午前6時半ごろだという。田村容疑者は死産だったという趣旨の供述をしているが、司法解剖の結果では、出産時は生存していた可能性がある。

 田村容疑者は女性の同僚4人と隊舎に住んでいた。同僚の女性が女児の遺体を発見し、警務隊に連絡。警務隊が県警高島署に通報したという。自室からは母子手帳などは見つかっておらず、病院へ行っていた形跡も見られないという。

「産経WEST」のランキング