産経WEST

【プロ野球】広島野村が6回2失点の粘投 2日にもマジック点灯

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【プロ野球】
広島野村が6回2失点の粘投 2日にもマジック点灯

【広島対阪神】粘り強い投球でゲームを作った広島先発・野村祐輔=マツダスタジアム 【広島対阪神】粘り強い投球でゲームを作った広島先発・野村祐輔=マツダスタジアム

 汗が噴き出しそうな本拠地のマウンドで背番号19が踏ん張った。広島先発の野村がピンチをしのぎながら、6回2失点。「粘り強く投げられたと思います」。最高気温が?度を超え、猛暑日となった広島市。スタンドを真っ赤に染めたファンを一層熱くさせた。

 四回2死満塁で大和を二ゴロ。4点リードで迎えた五回は2点を返されたが、なお2死満塁で鳥谷を遊ゴロに仕留めた。球威で相手を封じ込むタイプではないが、要所をゴロアウトでしのいで持ち味を発揮。緒方監督は「両サイドにしっかりと投げきれていた。できれば七回まで投げてほしかったけど、先発の役割は果たしてくれた」と合格点を与えた。

 昨季は16勝を挙げてリーグ最多勝と飛躍した右腕。「1年良かっただけではエースとは呼ばれない」との強い決意で今季に臨んだが、なかなか連勝できず、ブルペンでの調整も試行錯誤を繰り返してきた。ようやく7勝目。救援陣に疲れが出る夏場こそ盛り返す番だ。

 広島は2日も阪神に勝ち、DeNAが敗れれば優勝へのマジックナンバーが点灯する。「(最初から)優勝を目指してやっている。1つずつ必死にやっていくだけ」と野村。強力打線が引っ張ってきたチームだけに、先発の柱として存在感をみせたい思いは人一倍強い。(丸山和郎)

「産経WEST」のランキング