産経WEST

賃貸マンション7室で大麻栽培し4千万円相当所持、容疑で会社役員ら2人逮捕 近畿麻取

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


賃貸マンション7室で大麻栽培し4千万円相当所持、容疑で会社役員ら2人逮捕 近畿麻取

近畿厚生局麻薬取締部が押収した大麻草と乾燥大麻 近畿厚生局麻薬取締部が押収した大麻草と乾燥大麻

 賃貸マンションで大麻草を栽培し、約4千万円相当の乾燥大麻を所持したとして、近畿厚生局麻薬取締部が大麻取締法違反容疑で、大阪市西区阿波座、会社役員、石田勝美(34)と住所不定、無職、松田侑也(24)の両容疑者を逮捕、送検していたことが1日、分かった。両容疑者は黙秘しており、近畿麻取は密売ルートを調べている。

 送検容疑は、共謀し大阪市内の賃貸マンション4棟の計7室で大麻草を栽培し、乾燥大麻を隠し持つなどしたとしている。近畿麻取によると、今年5月中旬にマンションの室内を家宅捜索し、乾燥大麻約7.4キロと大麻草189株を発見。両容疑者を逮捕していた。

「産経WEST」のランキング