産経WEST

【百舌鳥・古市古墳群国内推薦】「第一歩を踏み出せた」吉報に関係者ら笑顔

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【百舌鳥・古市古墳群国内推薦】
「第一歩を踏み出せた」吉報に関係者ら笑顔

 「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録に向けた31日の国内候補決定を受け、大阪府庁で吉報を待っていた関係者らは「第一歩を踏み出せた」と喜びをかみしめた。

 この日は午後4時ごろに府庁の「正庁の間」に関係者約70人が集合。松井一郎知事のほか堺市の竹山修身(おさみ)市長、世界遺産登録を応援する府民会議の会長を務める尾崎裕・大阪商工会議所会頭らも顔をそろえた。

 文化庁から連絡を受けた後、松井知事が「百舌鳥・古市古墳群が国内推薦の候補に決定しました」と報告すると、待ちに待った吉報に会場から割れんばかりの拍手が起こった。

 笑顔であいさつに立った松井知事は「支援をいただいたすべての人のおかげだが、これは第一歩。正式に登録された折に、みなさんとともに全身で喜びを表現したい」と述べ、万歳をあえて“封印”。続いてあいさつした竹山市長も「まずは喜びたい。しかし、昨年の悔しさを忘れてはならない。その思いを持って本来の登録までがんばりたい」と気を引き締めた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング