産経WEST

仁徳天皇陵含む百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産国内候補に 大阪府

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


仁徳天皇陵含む百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産国内候補に 大阪府

日本最大の仁徳天皇陵古墳など百舌鳥古墳群=堺市(本社ヘリから、宮沢宗士郎撮影) 日本最大の仁徳天皇陵古墳など百舌鳥古墳群=堺市(本社ヘリから、宮沢宗士郎撮影)

 文化審議会は31日、平成31(2019)年の世界文化遺産登録を目指す候補として、大阪府の「百舌鳥(もず)・古市古墳群」を選んだ。来年2月までに政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出し、31年夏のユネスコ世界遺産委員会で審査を受ける見通し。

 同古墳群は堺市の百舌鳥古墳群と、大阪府羽曳野、藤井寺両市に広がる古市古墳群の総称。古墳群は、国内最大規模の「仁徳天皇陵古墳」(堺市、全長486メートル)や応神天皇陵古墳(羽曳野市、同425メートル)をはじめ、古墳時代最盛期の4世紀後半~5世紀後半に築造された49基で構成する。全長200メートルを超える前方後円墳は全国に約40基あるが、11基が立地する。

 堺市など地元自治体は、古墳群について、「天皇陵を中心に、約1600年前の姿を今に伝えている」などととして推薦を求め、これまでに25、27、28年の3度、文化審議会で審議されたが、いずれも見送られていた。

 このため、今回は「仁徳天皇陵古墳」をはじめ、大小さまざまな形が存在する古墳群は他に例がないとする「多様性」をアピールしたことが結果に結びついたとみられる。

続きを読む

「産経WEST」のランキング