産経WEST

北のICBM発射も韓国大統領“夏休み” 日本と異なる緊張感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


北のICBM発射も韓国大統領“夏休み” 日本と異なる緊張感

7月4日、韓国の国家安全保障会議(NSC)で話す文在寅大統領(AP) 7月4日、韓国の国家安全保障会議(NSC)で話す文在寅大統領(AP)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日から7日間の夏休みに入るという。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を28日夜に発射したばかりで、日本なら一部メディアから批判が出てもおかしくない状況だ。北朝鮮と接する韓国だけに、北朝鮮の軍事的暴発に対する緊張感は日本と異なるようだ。

 韓国の聯合ニュースによると、文大統領が30日に夫人と冬季五輪が開催される江原道・平昌で1泊し、31日からは別の都市に移って休暇をとるという。

 報道では「ICBM級ミサイルの発射実験で安保危機が高まっただけに、関連動向の報告を随時受けるとされる」としている。

 北朝鮮は弾道ミサイル技術を急速に向上させて、数千キロも離れた国との摩擦を起こさせかねない軍事的な挑発を続けるが、北朝鮮が実際にミサイルで攻撃する可能性に対する切迫感はないようだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北のICBM発射も韓国大統領“夏休み” 日本と異なる緊張感

「産経WEST」のランキング