産経WEST

ヤマカガシか 男児かまれ一時意識不明 兵庫・伊丹

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ヤマカガシか 男児かまれ一時意識不明 兵庫・伊丹

 公園で男児をかんだヤマカガシとみられる毒ヘビ=30日午後、兵庫県警伊丹署  公園で男児をかんだヤマカガシとみられる毒ヘビ=30日午後、兵庫県警伊丹署

 29日午後6時ごろ、兵庫県伊丹市荻野の若松公園で同市内の小学5年の男児(10)がヤマカガシとみられるヘビに右手首をかまれた。男児は帰宅後に血が止まらなくなり、頭痛を訴えて病院に搬送。一時意識不明の重体となったが、現在は意識は回復しているという。

 県警伊丹署によると、男児は公園内で友人と遊んでいたところ、ヘビに右手首をかまれた。帰宅後に血が止まらなくなり、頭痛を訴えたため、同日午後9時ごろ、救急車で病院に搬送された。30日朝になって、男児の母親が同署に通報。男児の友人がヘビを捕まえてリュックサックに入れ、男児の母親に渡しており、署員が引き取った。

 同署によると、捕獲されたヤマカガシとみられるヘビは体長約60センチ、幅約2センチ。ヤマカガシは、本州から九州にかけて分布。上あごの奥に毒牙があり、かまれると死ぬこともあるという。

 現場は、JR福知山線中山寺駅から南東約1・5キロの住宅地。

このニュースの写真

  • ヤマカガシか 男児かまれ一時意識不明 兵庫・伊丹

「産経WEST」のランキング