産経WEST

シジュウカラに高度なコミュニケーション能力…初めて聞いた組み合わせも理解 京大グループが発表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シジュウカラに高度なコミュニケーション能力…初めて聞いた組み合わせも理解 京大グループが発表

小鳥「シジュウカラ」(京都大の鈴木俊貴研究員提供) 小鳥「シジュウカラ」(京都大の鈴木俊貴研究員提供)

 小鳥のシジュウカラは、初めて聞いた鳴き声の組み合わせ(文章)であっても意味を理解できる-。こうした研究結果を京都大学生態学研究センターの鈴木俊貴研究員のグループが、米科学誌電子版に発表した。

 シジュウカラが文法ルールに従い、鳴き声(単語)を組み合わせてコミュニケーションを取っていることはこれまでに分かっていたが、その能力が初めて聞く文章の場合でも活用されていたことが判明したという。こうした能力が人以外で確認されたのは初めて。グループは「人の言語の進化解明に役立つ重要な発見」としている。

 グループはこれまで、シジュウカラが自らを襲ってくる捕食者を追い払う際、「ピーッピ(警戒しろ)・ヂヂヂヂ(集合せよ)」という順で鳴くことを明らかにしていた。

 これに関連し、今回の研究では、別の鳥類「コガラ」の鳴き声と組み合わせた文章で実験。コガラの群れで生活して鳴き声を理解するようになったシジュウカラに対し、コガラが仲間を呼ぶ「ディーディー」という鳴き声とシジュウカラの警戒の鳴き声「ピーッピ」を組み合わせた「ピーッピ(警戒しろ)・ディーディー(集合せよ)」との音声を合成し、28羽のシジュウカラに聞かせた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング