産経WEST

【依存~ホストにはまる女たち(2)】妹のようにかわいがってくれ、消えた不安 次第に狂った金銭感覚

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【依存~ホストにはまる女たち(2)】
妹のようにかわいがってくれ、消えた不安 次第に狂った金銭感覚

里奈さんと早希さんは、友人と一時ミナミのホストクラブ通いにはまった=大阪市中央区 里奈さんと早希さんは、友人と一時ミナミのホストクラブ通いにはまった=大阪市中央区

前のニュース

 ホストクラブをめぐる実態が判然としない理由に、女性側に被害意識が芽生えにくいことがあるという。しかし、それは深みにはまり、金銭感覚を含めた“常識”が狂った証拠でもあった。

高校の卒業式後に大阪ミナミを歩いていて…

 「一緒に風俗店で働いてみない?」。小中学校の同級生の里奈(19)=仮名=と早希(19)=同=は、大阪・ミナミのホストクラブに通うお金を稼ぐ方法はないかと、風俗店勤務について相談したことがある。ホストクラブに通う女性客のうち、風俗店で働く人は少なくない。「自分たちも…」。風俗店勤務はいやだったが、いつの間にか、ホスト通いの“軍資金”を得るための選択肢の一つとなっていた。

 2人が初めてミナミのホストクラブに足を踏み入れたのは、高校を卒業した昨年3月だった。最初にホストと出会ったのは里奈。高校の卒業式を終え、ミナミを歩いていると、ホストの客引きに声を掛けられた。

 夜の世界への漠然とした恐怖心があり、最初は店には行かなかった。だが、「連絡先だけでも」と頼まれ、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の連絡先を交換すると、その後は毎日、ラインでやりとりした。

 日々、連絡を取り合っていたので、当初抱いていたホストへの恐怖心は薄れていたという。「イベントがあるので来てほしい」。そんな頼みを素直に受け入れ、里奈は早希を連れてホストクラブに初めて入った。

続きを読む

依存のニュース

このニュースの写真

  • 【依存~断てないギャンブル(1)】会社の金券横領、借金漬け…警察聴取後もパチンコ店へ 一線を越えた「やめられない」

「産経WEST」のランキング