産経WEST

【衝撃事件の核心】なぜ?強盗被害者を逮捕した仰天捜査 金塊取引情報が漏れている…〝黒幕〟は誰だ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
なぜ?強盗被害者を逮捕した仰天捜査 金塊取引情報が漏れている…〝黒幕〟は誰だ

金塊を換金した直後の現金7千万円入りの紙袋を持った2人を3人組が襲撃した現場。3人組のうち2人は盗難ナンバープレートを付けたこの車で逃走した。後に府警は3人組に加え、被害に遭った2人も金塊密輸の関税法違反容疑で逮捕する異例の展開をたどった=4月28日午後1時14分、大阪市中央区(読者提供、一部画像処理しています) 金塊を換金した直後の現金7千万円入りの紙袋を持った2人を3人組が襲撃した現場。3人組のうち2人は盗難ナンバープレートを付けたこの車で逃走した。後に府警は3人組に加え、被害に遭った2人も金塊密輸の関税法違反容疑で逮捕する異例の展開をたどった=4月28日午後1時14分、大阪市中央区(読者提供、一部画像処理しています)

 貞容疑者ら2人の行方は一時分からなくなっていたが、府警が7月5日に公開手配。2人は同月10日に愛媛県内の警察署に「家族や知人に迷惑がかかる」などとして出頭、同容疑で逮捕された。

非協力…不審な被害者

 通常、襲撃グループが全員逮捕されれば、事件は解決したといえる。ただ、この事件はそうではなかった。

 襲撃グループを捜査する過程で、襲われた男性2人が運んでいた7千万円は、直前に現場近くの貴金属買い取り店で、密輸された金塊を換金したものである疑いが浮上したからだ。

 府警は7月4日、金塊15キロ(約7千万円相当)をシンガポールから密輸したとして、関税法違反容疑などで、襲われたいずれも自営業の42歳と34歳の男性2人を逮捕した。

 「大金を奪われそうになり、けがまでしたのに被害者が全く捜査に協力的ではない」。捜査関係者は当初から、この2人に不信感を抱いていた。

 2人は被害者として府警から事情を聴かれた際、持っていた7千万円について「不動産取引のために持っていた」と説明したが、詳細は語らなかった。

 説明に違和感を覚えた府警は、現場周辺の防犯カメラなどを捜査。すると、2人は襲われる直前に貴金属買い取り店のすぐ近くで、別の人物に金塊が入った黒色のバッグを渡していた。その人物は買い取り店で金塊を換金し、店前にいた2人に金を渡していた。この直後、2人は3人組の男に襲われた。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング