産経WEST

【鉄道ファン必見・動画】103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鉄道ファン必見・動画】
103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役

播但線の103系。車体はライカラーのワインレッドをまとっている=寺前駅 播但線の103系。車体はライカラーのワインレッドをまとっている=寺前駅

 ただ、103系が完全になくなるわけではない。奈良線や関西線のほか、播但線や加古川線といったローカル線、山陽線の兵庫(神戸市兵庫区)と和田岬(同)を2.7キロで結ぶ和田岬線、阪和線の鳳(堺市西区)と東羽衣(大阪府高石市)を1.7キロでつなぐ羽衣線といった支線ではまだまだ健在。編成は短く、同じ区間を行ったり来たりしているかたちだが、大事な通勤、通学客の足として役目を果たしている。

東日本、東海は全滅

 前回の東京五輪が開かれた昭和39年、101系の後継車として山手線に投入されたのが103系の始まりだ。大勢が乗り降りしやすいように4扉を備え、座席はレールと平行のロングシート。前面は平面ガラス3枚というシンプルなデザイン。まさに通勤、通学客を乗せるために生まれてきた電車といえる。

 その後、首都圏では京浜東北線や中央線、関西では東海道・山陽線、大阪環状線、阪和線などにも登場し、勢力を広げていった。製造は50年代終盤まで続き、車両の延べ在籍数は約3500両。62年の国鉄民営分割化のときも、ほぼすべてがJR(東日本、東海、西日本、九州)に引き継がれた。しかし、老朽化や省エネ意識の高まりで東海、東日本は新型車両に置き換えられて全滅。2千両以上を所有していたJR東日本は新型の増備が加速度的に進み、山手線からは早くも63年に撤退。そして平成21年、宮城県を走る仙石線を最後に全廃となってしまった。

紅い雄姿を見たか

 同じ顔の電車で誤乗車を防ぐため、路線ごとに色分けされたのも103系の特徴。スカイブルーは関西では東海道・山陽線(和田岬線を含む)、阪和線(羽衣線を含む)で、かつての京浜東北線も同色だった。うぐいす色が関西線、奈良線など。山手線もこの色だった。オレンジ色が大阪環状線などで、首都圏の中央線と同じ。カナリア色も存在し、関西では福知山線、首都圏では総武線。加古川線はエメラルドグリーンだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役
  • 103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役
  • 103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役

関連トピックス

「産経WEST」のランキング