産経WEST

【衝撃事件の核心】「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が男性職員を怒りの提訴 「異性介護」の顛末

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が男性職員を怒りの提訴 「異性介護」の顛末

男性の介護職員にいきなり胸を触られ、キスをされたと訴えた90代の女性。法廷闘争に発展したが、背景には日本の介護現場における「異性介護」の問題が浮かび上がっている 男性の介護職員にいきなり胸を触られ、キスをされたと訴えた90代の女性。法廷闘争に発展したが、背景には日本の介護現場における「異性介護」の問題が浮かび上がっている

 山田さん側は今年5月に「人格権を侵害して精神的苦痛を与え、不安な精神状態に陥れた」として病院を運営する医療法人と職員を相手取り、慰謝料計200万円の支払いを求めて大阪地裁に訴訟を起こした。

「つい唇にチュッと…」

 これに対し、病院側は「職員が女性に不適切な行為をしたことは認める」とする一方、山田さん側の主張のいくつかの点については反論した。

 病院はAに聞き取り調査を行ったといい、その際のAの回答は「山田さんが処置に『ありがとう』と言ってくれたので、つい唇にチュッと触れてしまった」「女性の胸に触れた」などというものだった。

 これに関しては山田さん側も、Aが書いたとされる反省文を証拠として提出している。

 《私は10月X日の20時くらいに、患者様のおむつ交換を終えようとしたときに指示通りのかゆみ止めの薬を患者様のお尻全体に塗り、おむつをしめ、患者様の衣服をととのえ、病室を後にする際に患者様が「ありがとう」と言ってくれたので、その時にやってはいけないと分かっていましたが、患者様の口に軽く触れてしまいました。本当に申し訳ありませんでした》

 反省文では、Aが自らの行為について箇条書きで強調している部分もある。

 《(1)性的行為などは絶対していません

 (2)患者様に「ありがとう」と言われ口に触れた

 (3)口の中には唾液が入ることはない

 (4)胸は触れただけです

 (5)おむつ交換以外は下の方は触っていません》

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング