産経WEST

終演前に扉を開放、会場外のファンも一体に B'zが稲葉浩志さんの出身地・津山で凱旋公演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


終演前に扉を開放、会場外のファンも一体に B'zが稲葉浩志さんの出身地・津山で凱旋公演

B'zコンサートの公演終了間際、会場の一部扉が開放され、会場の外のファンも大合唱した =岡山県津山市 B'zコンサートの公演終了間際、会場の一部扉が開放され、会場の外のファンも大合唱した =岡山県津山市

 岡山県津山市出身の稲葉浩志さんがボーカルを務める人気ロックバンド「B'z」の津山凱旋(がいせん)公演が行われた22日、開演時間の午後6時を過ぎても、会場周辺では、チケットを入手できなかったファンらが、ステージの臨場感を味わおうと集まり、熱気に包まれた。

 タオルやTシャツなど、公式グッズを身につけ、178(イナバ)ナンバー入りのうちわを手にしたファンらは、会場のガラスに耳を当てるなど、ステージからわずかに聞こえてくる音に耳を傾け、楽しんだ。

ultra soul! 大合唱

 終演時間も近づいてきたころ、会場の扉が一部開放されると、ステージ上で熱唱する稲葉さんの歌声に合わせ、会場の外のファンらも「ultra soul」を大合唱。会場と一体となった瞬間、ファンらの熱気も最高潮に達した。

 公演終了後も、ファンらは感動冷めやらぬ様子で目頭を押さえながら出てくる姿も。津山市の介護福祉士、難波佳子さん(45)は「稲葉さんが、『津山に生まれてよかった』などと、津山のことをたくさん話してくれ、津山への愛を感じてうれしかった」と笑顔を見せ、新庄村の公務員、柴田清さん(41)は「B'zデビューからずっとファン。夢がかなった」と感激の面持ち。大分県別府市のパート従業員、阿部美香さん(46)は「良かった。最高」と声を弾ませ、「小さなホールがファンとの距離感を縮め、一体感があった。稲葉さんの温かで謙虚な人柄が、とてもよく感じられた」と興奮気味に話した。

 同市などによると、この日は全国から約5千人のファンが訪れたという。

このニュースの写真

  • 終演前に扉を開放、会場外のファンも一体に B'zが稲葉浩志さんの出身地・津山で凱旋公演
  • 終演前に扉を開放、会場外のファンも一体に B'zが稲葉浩志さんの出身地・津山で凱旋公演

「産経WEST」のランキング